スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公明、参院埼玉で独自候補を擁立へ(産経新聞)

 公明党が、夏の参院選で撤退方針だった埼玉選挙区(改選数3)に独自候補の擁立の方針を決めたことが26日、分かった。28日の党中央幹事会で正式決定する。民主党が鳩山由紀夫首相や小沢一郎幹事長の「政治とカネ」の問題で支持率を下げていることから、現有議席確保の可能性が出てきたとみて主戦論に転じた。

 候補者には高野博師元参院議員(62)らが挙がっている。また、神奈川、福岡両選挙区でも独自候補擁立の可能性を模索する。

 公明党は昨年12月、埼玉選挙区での擁立を見送り、改選となる現職の西田実仁(まこと)氏(47)の比例代表転出を決定していた。

【関連記事】
「幹事長辞任を」70.7% 内閣支持率急落44.3%
公明党ポスター破る 共産党の元秋田市議を在宅起訴
公明、修正協議に前向き 外国人参政権法案で
小沢氏議員辞職を視野 自公、徹底追及の構え
自民・公明、参政権法案で別対応を確認

円卓会議 政府が初会合 「新しい公共」の概念深める(毎日新聞)
京都フリースクール虐待、元経営者に懲役3年6月(産経新聞)
中学受験 本格シーズン 受験者数過去最高更新する勢い(毎日新聞)
医療ADRに関する連絡協議会を設置へ-厚労省(医療介護CBニュース)
車内に覚せい剤、起訴の男性に無罪判決(読売新聞)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。